【就活生必見】開発が二の次。販売が優先のメーカーは危険。

こんな人に読んでほしい

メーカーで働きたいと思っている方。

どーも、メーカー営業のヒロです。

今回は、メーカーの入社を考えている就活生に向けた記事になります。

実際にメーカーで働いて、また他社メーカーの状況をみて、就職をオススメできるメーカーとできないメーカーがあると思っています。

オススメできないメーカーの特徴は、「開発が二の次で販売が優先になったメーカー」です。

「メーカーって開発が一番じゃないの?」

そのように思う方多いと思います。

残念なことに、経営者が口では「開発が一番だ」というメーカーでも実際には二の次なメーカーが多いです。

開発が一番を履き間違えて開発が二の次になっているメーカーもあります。

ぜひ記事を最後まで読んでいただき希望メーカーへの入社を考えてみてください。

 

メーカーって開発が一番じゃないの?メーカーは販売優勢の時代があった。

メーカーは製品開発よりも、営業職の営業により売り上げが伸びる時代がありました。

食品会社でいえば、美味しくなくても営業力で、お店に食材を採用してもらえるといった感じです。

飲料メーカーでいえば、営業職がお客さんである食品スーパーの陳列をすることで商品を置いてもらうような策ですね。

商品の陳列をして商品を売り場に置いてもらい売り上げが増えても、メーカーとして全く進歩はありません。

しかし、売り上げは伸びてしまいます。

この販売策による売り上げ増は、メーカーにとって販売優勢な方針に舵を切りやすく危険です。

一度その「うまみ」を知ると依存性の高いモノになり脱却ができませんね。

メーカーなら、商品の陳列を食品スーパーの店員にさせるくらいの製品開発が必要です。

 

未だに販売優勢のメーカーがある。開発を履き違えたメーカーはその傾向にある。

パクリ製品ばかり開発して短期の売り上げを稼ぐメーカーは、開発しているわけではありません。

パクリは必要ですが、パクったのちにユーザーから情報を吸い上げ、ヒット製品と同じ製品の弱点を聞き出し次の製品を開発することが重要ですね。

 

他社ヒット製品をパクらず放置すれば、置いていかれてしまいます。

本来パクリは、それを防止し次の段階の新製品を開発することが目的です。

しかし、意外と多いのがパクリ製品を発売後に情報収集するメーカーが少ないのです。

 

パクって短期の売り上げをあげてそれで終わっているメーカーは営業の質が低いことが挙げられます。

また「営業職や営業企画部に売り上げを求めすぎる。」「開発経費にうるさい」この2点がそろったメーカーは会社の規模関係なく危険だと思います。

この2点がそろうと、売れるのか確信に至るまでなかなか開発の許可が下りません。

よいアイデアを持っていても、確信に至るまでの間に他社に先を越されてしまいます。

 

今後は、製造小売業との戦いもあります。

製造小売業とは、販売店でありながら工場を持ち、製品開発や自社品を発売する販売店です。

代表格は、ユニクロやセブンイレブン、ワークマン、コストコといった感じですね。

すぐにパクれる製品は、製造小売業もすぐにパクれます。

ということは、パクリですらメーカーができなくなってくるのです。

 

 

結論、メーカーは開発が第一の会社を選ぶ。

いかがでしたか?

今回は、「開発が二の次。販売が優先のメーカーは危険。」について記事にしました。

メーカーなのに開発が二の次の会社があるのは驚いたと思います。

今後、開発に重きを置かないメーカーは厳しい未来が待っているでしょう。

開発に重き置いていないメーカーに入社しても、やりがいがありませんね。

そんなことにならないように別記事にてメーカーの選び方を説明しました。

次回は、「よいメーカーと悪いメーカーの選び方」について説明したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です