Fランク大学生の就活は悲惨?中小メーカー営業がオススメ

こんな人に読んでほしい
  • Fランク大学生の方。
  • 中小企業のメーカー(製造業)への入社で迷っている方。
  • 挽回したいと感じているFランク大学生の方。

 

どーも、Fランク大学卒で入社1年目から大活躍なヒロです。

自分でいうのも変な話ですが(笑)

一応わたしの実績を簡単に載せておきます。

  • 売り上げ目標を30ヵ月連続クリア。(当時会社記録は17ヵ月)
  • 提案書を一新し誰でも使える資料に!
  • 関わった新人は全員活躍。
  • 会社説明会に参加。東京六大学の学生の入社理由になる。
  • 新人研修資料作成

もっとあると思いますが、忘れました(笑)

とにかく、Fランク大学卒で、県庁所在地を全部言えないようなヤツが入社1年目から大活躍できました。

それは、中小企業の老舗メーカーだったからだと思うのです。

ですので、Fランク大学の学生さんは、大手を目指しながら中小企業の老舗メーカーもマークしてみてほしいと思います。

以降、Fランク大学卒業のわたしが中小企業の老舗メーカーに就職して感じたメリット・デメリットの紹介です。

 

 

中小企業の老舗メーカーとは?

中小企業の老舗メーカーとは、創業100年以上、もしくは3代に渡って同じ事業で会社を存続できた企業です。

3代に渡って、メーカー(製造業)で同じ事業で会社存続できているってすごくないですか?

大企業でなくてもよい会社はたくさんあります。

是非、中小企業の老舗メーカーも入社リストに加えてほしいですね。

 

なぜ営業なのか?

中小企業の老舗メーカーであれば、部署は何でもよいわけではありません。

営業がよいと思います。

その理由は、そこまで専門知識を求められないからです。

また実績として営業の方が分かりやすいから。

例えば、わたしが開発部に配属されていれば、絶対に1年目からの活躍はありませんでした。

開発は特殊な計算やグループ活動が多いのです。

成果を上げても1人ではありません。

1年目から活躍するには、絶対に営業でしょう!

 

中小企業の老舗メーカーで働いて感じたメリット

わたしが中小企業の老舗メーカーで働いて感じたメリットを紹介します。

メリット
  • ①学生期間に知識をためておけば、1年目から大活躍。
  • ②定時上り。
  • ③当たり前を実行して評価される。

詳しく見ていきましょう。

 

①学生期間に知識をためておけば、1年目から大活躍

わたしは中小企業の老舗靴メーカーで働いています。

というのも靴がメッチャ好きだったから。

学生時代のアルバイトは全部靴関係になります。

また、自主的に大手メーカー主催の勉強会や展示会にも行ってました。

よって、かなり知識がある状態で社会人になったのです。

大手なら当たり前の知識でしょうが、中小企業の老舗メーカーでは超評価されました(笑)

そして、その知識を生かした営業して自社品のよさを引き出すことに成功!!

その結果、30ヵ月連続の売り上げ達成ができたのです。

ということで、中小企業の老舗メーカーなら、学生時代から知識を吸収して、入社1年目から活躍可能になります。

 

 

②定時上り

中小企業の老舗メーカーは、そこまで忙しくないと思います。

わたしの営業担当は、東京に本社を構えて北海道~沖縄までの主要都市に営業所のある大手さんを担当しています。

そう聞くと、忙しいように感じますが、17時以降はぜんぜん忙しくありません。

ほぼ毎日定時上がりです。

これは、当社と同じような中小企業の老舗メーカーの人に聞いても同じことをいいますね。

その代わり給与は・・・・(笑)

なので副業ブログをして毎日過ごしています。

定時上りであれば、そのあと自分のことに時間を使うことができるでしょう!

スキル向上に当てています。

 

③当たり前を実行して評価される。

中小企業の老舗メーカーは、過去のヒット商品や代理店などの販売に頼っているケースがあります。

そんな会社であればチャンス大です!!

なにもかも遅れていますから!!

最新の「ヒット商品の作り方」や「マーケティング」の基礎中の基礎を学び、会議で発表すれば評価されます(笑)

わたしのいる靴業界は遅れに遅れた業界です。

そのため、提案書や営業方法を大手さんと同じくするだけで、実績も残り評価されました(笑)

今は、大手IT関係や大手食品メーカーの方に「当たり前」を教わっています。

 

 

デメリット

ここからはわたしが中小企業の老舗メーカーで働いて感じたデメリットを紹介します。

デメリット
  • ①今まで「出来る人」と言われてきた人から僻まれる。
  • ②受け身で仕事ができない。
  • ③倒産の可能性。

デメリットは少なくするのが、記事の基本です(笑)

しかし、将来ある若い方に向けて書く記事なので、デメリットも多めにお伝えしようと思いました。

現在、「中小企業の老舗メーカー最高!!楽しい!超ホワイト企業!」と思う反面、デメリットもあります。

詳しく見ていきましょう。

 

①今まで「出来る人」と言われてきた人から僻まれる。

中小企業の老舗メーカーにも、「出来る人」と言われている人がいます。

本当に出来ていたかは別として・・・(笑)

わたしが入社したときは、安価品をいかに足で稼いで売っているか・・・

そんな営業が「出来る人」の評価を得ていました。

わたしは、今まで売れてなかった高い国産品の拡販に成功!

今までの会社の営業スタイルを一新しました。

  • 安価品は、海外の委託工場で自社工場ではありません。
  • 国産品は、自社工場でした。

メーカーの経営者であれば、後者の販売をできる人を評価します。

この結果、社内の「出来る人」の基準が変わったのです。

その基準が変わったことで、「今までの出来る人」からの僻みとの戦いが始まりました。

 

②受け身で仕事ができない。

中小企業の老舗メーカーは、何もかも遅れている傾向にあります。

常に自分で考えて自分から行動を起こさないといけません。

それが中小企業の老舗メーカーのメリットでありデメリットでもあります。

何から何まで自分で行う気持ちが必要です。

わたしの場合は、新卒採用や新人教育、製品開発、広報などなど。

待っていても、大手さんのように楽しい仕事が降ってきません(笑)

 

③倒産の可能性。

これからは、グローバル化が進みます。

世界の企業との戦いもあるでしょう。

大手企業ですら危ないといわれています。

amazonやzozoなど最先端の企業が、中小企業の老舗メーカーの業界に参入すれば、あっという間に駆逐されるでしょう!

そのため、副業をして個人スキルを高めています。

また、常に会社に変化を与えるような仕事をしていますね!

 

まとめ

いかがでしたか?

当記事では、「Fランク大学生の就活は悲惨?中小メーカー営業がオススメ」について説明しました。

実際に、Fランク大学卒のわたしが中小企業の老舗メーカーで営業して、入社1年目から活躍しています。

大手に入社できれば最高です。

しかし、できなかったときの次の候補として中小企業の老舗メーカーも候補にしてみてはいかがでしょうか?

下記簡単にまとめます。

中小企業の老舗メーカーで働いて4つのメリットを感じました。

メリット
  • ①学生期間に知識をためておけば、1年目から大活躍。
  • ②定時上り。
  • ③当たり前を実行して評価される。
  • ④大企業に入社した友人の社内ツールの類似品を作成し評価される。

デメリットは1つです。

デメリット
  • ①今まで「出来る人」と言われてきた人から僻まれる。
  • ②受け身で仕事ができない。
  • ③倒産の可能性。



 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です