高城剛も使用!カリマーエアポートプロ40は出張と旅行に最適

こんな人に読んでほしい
  • カリマーエアポートプロ40の購入を考えている方。
  • 出張の多い方。
  • 旅行好きな方。

はい、どーも営業職で出張の多いヒロです。

私は会社員で営業職をしています。

お客様は、本社が東京にあり北海道から沖縄、いや世界までに営業所を持つ大きな会社を担当しています!!

なんかこう見るとちゃんと仕事してそうですね(笑)

お客様の東京本社だけではなく、各営業所に営業へ行きます。

そのため出張の多いんですね~。

 

今回は、出張の多い私が使用しているキャリーバッグを紹介します。

「耐久性に優れたキャリーバッグがほしい」

「スリムだけど大容量のバックがほしい」

「大きな段差もへっちゃらなキャリーバッグがいい」

そんなわがままな私にあったキャリーバッグを使用しています。

その名も『カリマーのエアポートプロ40』です。

世界を飛び回る高城剛さんも使用していたことで有名ですね!

実際に使用してみて、「悪路でも平気、荷物たくさん入る、長期出張もOK」と効果を実感しています。

また、見た目もカッコよいので普段使いもしていますね。

出張や旅行の多い方にオススメします!!

 

カリマーエアポートプロ40とは?

カリマーは、アウトドアギアやバッグ、ウェアを製造しているメーカーです。

アウトドアのバッグで特に評価が高いと感じます。

よく東京駅で大きなリュックを背負っている海外の観光客の方がよく使ってますね。

このマークです。

エアポートプロ40のネーミングの由来は、内容量が40Lと大容量にも関わらず飛行機の機内に持ち込めるサイズからきています。

だから高城剛さんが使用していたのかもしれませんね。

高城剛さんはPCがないと仕事にならないので、荷物預けてロストバゲージになったら洒落になりませんからね。

そういう意味では、会社員兼ブロガーの私も一緒かもしれません(笑)

 

実際に使用してみて感じたメリット3つ

私が実際に使用してみて感じたメリット3つ紹介します。

メリット3つ

  1. 小さいリュックが付いていて、出張や旅行先で楽々。
  2. 悪路でもへっちゃらなタイヤ
  3. 耐久性が高い。

詳しく見ていきましょう

 

小さいリュックが付いていて、出張や旅行先で楽々。

前述のとおり、カリマーエアポートプロ40は、機内持ち込みサイズです。

カリマーエアポートプロ40のサイズは、54×34×35cmです。

機内持ち込みサイズは、54×40×25cm以内ですが、小さいリュックを外すと、54×40×25cmになります。

機内持ち込みサイズとは、この小さいリュックを外したときのサイズになりますね!

このリュックが出張のときに本当に使えます!!

ホテルについたら、まず荷物を預けますが、この小さいリュックに貴重品などを入れます。

預けるときに小さいリュックだけ取り外して外出できるんですねー。

旅行のときも最高です!

旅行のときにキャリーバッグの他、小さいバックを持っていく女性にはオススメですね。

ホテルや旅館まで荷物1つで済みますから。

 

悪路でもへっちゃらなタイヤ

悪路でもへっちゃらなタイヤがついています。

その辺のキャリーバッグのタイヤってまず小さいですね。

安物なんて、タイヤ取り外しできてしまうので、旅行先で取れてしまうことがありました。

エアポートプロ40は、タイヤは大きく丈夫です。

また、デコボコ路面やお洒落な石畳みでも安定して進みます!

さらにタイヤ幅も広いため、安定した走行が可能ですね。

 

耐久性が高い

耐久性が高いですね。

なんと言っても、世界を飛び回る城剛さんが何年も使用していたわけですから。

高城剛さんほどキャリーバッグを使用する人ってそこまで多くないと思います。

私は、年に20回くらいですかね。

もう何十年使えるかわかりませんね(笑)

もっとカリマーエアポートプロ40を使用できるくらいの男になりたいものです。

 

デメリット

実際に使用してみたデメリットを見ていきます。

デメリット
  1. リュックを戻すときに、ハミ出しがないか確認が必要。
  2. リュック部分に重いモノを詰込みすぎると立たなくなる。

それぞれみていきましょう。

リュックを戻すときに、ハミ出しがないか確認が必要。

リュックを取り外し、戻すときに調整部分がハミ出していないか確認しましょう!

ハミ出しがあると、走行中に地面と擦れてしまい破損の原因にもなります。

 

小さいリュック部分に重いモノを詰込みすぎると立たなくなる。

小さいリュックの部分に、重いモノを詰込みすぎるとバランスを崩します。

あまりいないと思いますが、、、、

誰とは言いませんが、出張当日に忘れ物を、小さいリュックへ詰め込んだ結果、こんなことになりました(笑)

ひどいですね(笑)

 

その他の機能

私が感じたメリット以外にも、エアポートプロ40にはたくさんの機能があります。

その他の機能
  1. インナーが明るい色でモノが探しやすい。
  2. 荷物のふくらみとズレを防止する機能あり。
  3. エアポートプロ40自体がリュックになる。
  4. リュックにしてもタイヤで服が汚れない。

画像で簡単に説明します!

インナーが明るい色でモノが探しやすい。

インナーが明るい色で、モノが探しやすいです!

またファスナーポケットもついていますね。

ファスナーポケット内も明るい色のインナーで見やすいです。

 

荷物のふくらみとズレを防止する機能あり。

荷物のふくらみとズレを防止します。

バッグ内は、この2本のストラップで防止しています。

バックの外側は、バックルと引っ掛け式の留め具です。

取り外しの多いバッグの上側は、バックルになっています。

あまり動かさない、バッグの下部は引っ掛け式の留め具ですね。

考えられています!

 

エアポートプロ40自体がリュックになる。

エアポートプロ40自体がリュックになります。

これで、エスカレーターやエレベーターのない場所の階段もへっちゃらですね。

ドロドロな場所や草が生えている場所でのコロコロは諦めましょう!

しかも肩にかける部分も、厚みがあり重たい荷物のの圧から守ってくれます。

 

リュックにしてもタイヤで服が汚れない。

リュックにしてもタイヤで服が汚れません。

この機能はありがたいですね。

カリマーはユーザーあ多い分、このような意見がフィードバックされているのでしょう。

夏場の白シャツでの営業のときに助かっています。

 

雨の日用のビニールのカバーがある。

雨の日のビニールカバーが付いています。

しかも収納スペースがありますね。

ですので別で持っている必要がありません。

画像見えにくくて申し訳ないのですが、黒いビニールカバーを装着した状態ですね。

天候のわかりにくい長期の出張や旅行にもってこいですね!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

当記事では、カリマーのエアポートプロ40について説明しました。

出張や旅行の多い方にオススメします!!

機内持ち込みサイズはうれしいですね。

下記簡単にまとめます。

メリット3つ

  1. 小さいリュックが付いていて、出張や旅行先で楽々。
  2. 悪路でもへっちゃらなタイヤ
  3. 耐久性が高い。

その他の機能
  1. インナーが明るい色でモノが探しやすい。
  2. 荷物のふくらみとズレを防止する機能あり。
  3. エアポートプロ40自体がリュックになる。
  4. リュックにしてもタイヤで服が汚れない。
デメリット
  1. リュックを戻すときに、ハミ出しがないか確認が必要。
  2. リュック部分に重いモノを詰込みすぎると立たなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です