スノーピークの『ワンアクションテーブル 竹』で部屋が片付く

こんな人に読んでほしい
  • 部屋を片付けられない方。
  • いつも部屋が散らかっている方。

どーも、めんどくさがりでキレイ好きなヒロです。

今回は、部屋の片づけ第2弾です。

第1弾は、イスを紹介しました。

 

今回は、『机・テーブル編』です。

「オシャレなテーブルが欲しい」

「片付けが進むテーブルがいい」

「汚れにくいテーブルがほしい」

「折りたたみやすいテーブルがよい」

そんなわがままな私にピッタリのテーブルを見つけました。

その名も、スノーピークの『ワンアクションテーブル竹』です。

 

実際に2年使用してみて、「折りたたみやすい、汚れが染みない、イスとの相性がよい」と効果を実感しました。

 

私のようなめんどくさがりでキレイ好きな方にオススメします!

 

スノーピークのワンアクションテーブル竹とは?

アウトドアブランドのスノーピークが開発・販売している折りたたみ式のテーブルですね。

理由は後述しますが、ただの折りたたみ式テーブルではなくスノーピークの工夫を凝らした製品だと実感します。

スノーピークは、キャンプ製品が多いです。

車に積みやすくするため、折りたたんだり、重ねて収納できる製品があります。

キャンプ製品って、実は日常のインテリアに使える製品多いですね。

イスもスノーピークの製品を使用しています。

アウトドアはしませんが、いつでもキャンプいけるくらいキャンプ製品が部屋にあふれています(笑)

 

実際に使用してみて感じたメリット3つ

私が実際に使用してみて感じたメリット3つ説明します。

メリット3つ

  1. 折りたたみやすい。
  2. アウトドアで使える
  3. イスとの相性がよい。

詳しくみていきましょう。

 

①折りたたみやすい

商品名に『ワンアクション』というワードが入ります。

このワンアクションとは、台の部分を広げたら足部分も連動していて、すぐに使用できます。

戻すのも簡単で、台部分を折りたたむだけで、足の部分も収納されます。

台だけ開いて、後から足を開くといった2度デマがありませんね。

本当に楽々、ストレスなく収納できますよ!!

収納後は、ベットサイドテーブルとして使用しています。

 

②アウトドアで使える

スノーピークさんに怒られますね(笑)

本来の使い方は、アウトドアで使うことですから。

私は家で使用していますが、外でも使えます。

釣りやキャンプに興味があるので、いつか外で使用したいです。

家族できれば、外で使いたいですね~。

持ち運びしやすいような袋が付いていました!

引っ越しがあったのですが、役立ちましたね。

 

③イスとの相性がよい

イスとの相性がよいです。

イスというのは、私が使用している製品になります。

そりゃそうですよね(笑)

スノーピークのフォールディングチェアワイドとの相性が抜群です。

スノーピークはフォールディングチェアとピッタリに設計しているのですが、本当にピッタリでした。

せっかくよいイスやテーブル買ってもサイズの相性が悪いと最悪ですね!

 

デメリット

実際に使用してみて感じたデメリットについてみていきます。

デメリット

高い?

正直なところ、2年使用してデメリットが見当たりません。

商品紹介のセオリーはデメリットを何か上げないといけません。

しかし、全く思いつきませんでした。

もしかしたら、人によっては、高いと思うかな?

そんなこと思って、この「高い」というデメリットにしました。

 

結論、折りたたみやすく使いやすいデメリットのないテーブル。

いかがでしたか?

当記事では、スノーピークのワンアクションテーブル竹を紹介しました。

実際に使用してみて、「デメリットがない、フォールディングチェアとの相性が抜群、部屋が片付く」と効果を実感しました。

片付け下手な方に超オススメします!!

下記簡単にまとめます。

メリット3つ

  1. 折りたたみやすい。
  2. アウトドアで使える
  3. イスとの相性がよい。

デメリット

高い?

 

私の部屋が散らかしにくくする部屋作りは、下記から確認お願いします。

あわせて読みたい

 

 

スノーピークのフォールディングチェアについて下記で紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です