うつだった私がオススメする超簡単な片付けやすい部屋作り

こんな人に読んでほしい

片付けが下手な方。

どーも、元うつのヒロです。

今回は、元うつの私が実践する片付けやすい部屋作りを紹介します。

うつや忙しい人、疲れてる人など片付けが苦手な方にオススメです!

 

正直なところ、私はうつ関係なく片付けが苦手です。

そんな私でも部屋がキレイな状態を保持できています!!

 

部屋の片付けができるようになってからは、会社員の営業としての売上がよくなりましたね。

考えが明瞭になったのかな?(笑)

換気効率も上がり、気分もよくなりました。

是非参考にしてみてください。

 

元うつで現トップセールスのヒロが実践する片付けやすい部屋つくり10個の工夫

ここからは、私が実戦している片づけやすい部屋つくりの説明です。

意識していることが10個あります。

片付けやすい部屋10個の工夫
  1. イスとテーブル、棚を折りたたみ式にする。
  2. 寝具をエアーかムアツにする。
  3. タオルを大量買い・統一する。
  4. 下着・肌着を統一
  5. 洗濯ハンガーを統一する
  6. お皿と箸、まな板を使い捨てにする
  7. 仕事着の制服化5日間分用意
  8. 私服の制服化3日間用意
  9. 本はkindle 本持たない。辞書的な本は実物。
  10. ゴミ箱かゴミ袋をいっぱい置く

詳しく見ていきましょう。

 

①イスとテーブル、棚を折りたたみ式にする。

イスとテーブル、棚を折りたたみ式のモノにしています。

そうすることで収納しているものが可視化でき片づけが進みます。

また引っ越しが非常に楽ですね。

どちらもキャンプ製品です。

キャンプ製品は、車に積み込むことが大前提のため、トランクに収納できるように折りたたみ式が多いですね。

インテリアとして日常使いすれば、キャンプ用に別でモノを持つ必要がありません。

イスとテーブルは寝る前までにすべて折りたたむと決めています。

そうすることでテーブルに置きっぱのモノをなくします。

 

 

②寝具をエアーかムアツにする。

寝具は、東京西川のエアーを使用しています。

東京西川のエアーは、軽量で片付けやすいです。

布団って重たいじゃないですか。

たたむのが億劫になります。

ベットは固定して常に場所を取ります。

ベットの下や周辺テーブルも用意して部屋がせまくなりがちです。

またベットはすぐに横たわってしまうため、ダラダラし過ぎてしまいます。

エアーは、実際に使用して、腰が腰痛がなくなりました。

ヘタリが気になる方は、エアーの上位スペックであるムアツをオススメします。

 

③バスタオルを使用しない。フェイスタオルを大量買い・統一する。

フェイスタオルしか使用していません。

バスタオルは大きく場所をとります。

またバスタオル使う人って毎日洗わない人多いんですね。

衛生的にも、気分的にも毎日洗ったバスタオルを使用することをオススメします。

同じモノで色をそろえることで片付けが進みますね。

 

④下着・肌着を統一

下着と肌着も同じもので統一しています。

なにがよい製品といったことはありません。

私は、赤いパンツを履いています。

記事の題名にもあるように、私はうつでした。

赤いパンツは、丹田というツボを刺激するようで心身によいと知り巣鴨の赤パンツを使用しています。

 

⑤洗濯ハンガーを統一する

洗濯用ハンガーも統一しています。

統一することで何を干すか、どのように干すかも考えるようになります。

干し方を考えている間は、嫌なことは考えていませんね。

このように嫌な発想を一時でも止めることが心身の健康によいと思っています。

 

⑥食器と箸、まな板を使い捨てにする

今は、食器も箸もまな板も使い捨てじゃないモノを使っています。

しかし、うつや忙しい人は、なかなか食器を洗うのに時間を避けません。

食後の片付けまでに疲れてしまっていますしね。

私は、うつで食後なにもやりたくないことが多い時期がありました。

そのときは、食器とコップは紙製のモノ。

まな板は、使い捨てのシートのモノ。

箸は、割り箸を使用していました。

 

⑦仕事着の制服化5日分

仕事着はすべて同じものを5日間分使っています。

仕事着の制服化
  • ジャケットは、マッキントッシュの洗えるトロッタージャケット。
  • シャツは、イトーヨーカドーの超形態安定シャツ。
  • ネクタイはAMAZONにあった安いスカイブルーのネクタイ
  • パンツは、GUのストレッチスリムチノ。
  • ソックスは、ハリソンのロングホーズ。

ジャケット以外は、5着ずつ持っています

そうすることで長い間使えますね。

また、毎日洗ったモノを履いて仕事できます。

男性は、スーツをずっと同じものを履いている人いるじゃないですか。

私は反対です。

女性が職場にいる会社の方や営業職の方は、毎日洗ったモノを着るべきだと思います。

また1週間分持っていることで洗濯も週1回で済みますね!

金曜日の夜か土曜日の朝に仕事着を洗濯します。

 

⑧私服の制服化3日間用意

私服も制服化しています。

私服の制服化
  • コートはPatagonia(仕事着併用)
  • ジャケットはマッキントッシュのトロッタージャケット(仕事着併用)
  • シャツはイトーヨーカドーの超形態安定シャツ。
  • ポロシャツはユニクロのグリーンポロシャツ
  • Tシャツはユニクロの白T
  • パンツは、GUのストレッチスリムチノ(仕事着と色違い)
  • ソックスはハリソンのロングホーズ(仕事着と色違い)

仕事着と併用させられるモノを私服にしています。

デートなど特別な日は、それぞれこだわりのモノを1着だけ持っていますね。

私服も統一することで洗濯が1回で済みます。

私服の洗濯は日曜日の朝か、平日に週1回です。

休みの日の朝に洗濯することが決まっていると生活リズムが決まってよいですよ。

特にうつのときは、休みの日はなにもやることがないとずっと寝てしまっていました。

洗濯は家でもできるのでよいと思います。

 

⑨本はkindleにする。現物を持たない。辞書的な本のみ現物でもつ。

本は現物で持ちません。

kindleで常に持ち歩いて読んでいます。

自己啓発書って一気に読む必要がないと思っていて、知識収集本と併用して読んだ方がよいと思っています。

本を現物2冊持ち歩くのは、バック内の場所もとりますしオススメできません。

また読みたい本があったらWIFIさえあればどこでも本を買えます。

本って場所取るんですよね。

電子書籍にして場所の確保をしましょう!

 

⑩ゴミ箱かゴミ袋をいっぱい置く

うつのとき、ゴミをゴミ箱に捨てることができませんでした。

一番しんどいときのことです。

なので部屋の至るところにゴミ箱やゴミ袋を用意しました。

そうすることでその辺にゴミを置くことがなくなりましたね。

 

お金がかかったが「なにか」を変えたかった。

紹介した片付けしやすい部屋つくりですが、お金がかかります。

しかし、うつは薬を飲めば飲むほど安定剤の強度が上がっていきました。

なぜ薬を飲んでいるのに、薬の強度があがるのかに疑問でしたね。

薬の強度があがるとか、治るどころか悪化してるじゃないですか?

そのため医学じゃないところで「なにか」を変えたくて部屋の片づけを行いました。

 

部屋がキレイになって気持ちが楽になってきた。

キレイな部屋だからうつが治ったわけではありません。

しかし、「掃除や片付けをいかに楽にするか」モノを買って実践できました。

その結果、「今までできなかった片付けができるようになる」という成長体験ができました。

頭の中に嫌なことを考えるルーティンに「片付けを楽にする」といった発想が加わりました。

片付けについてめっちゃ考えるようになり、嫌なことを考える習慣が減りましたね。

これが重要なのだと思います。

誰かに掃除してもらうよりかは、自分で発想して片付けのシステムを考えたことがよかったのでしょう!

 

換気効率が上がった。

部屋のモノが減り、統一されたことで部屋の空気循環の効率があがりました。

気のせいかもしれませんが、換気をする習慣がついてより心身がよくなったと思います。

 

モノを探す時間と体力、ストレスがなくなった。

モノを探す時間と体力、ストレスがなくなりました。

モノを探すと地味に時間とりますよね。

キレイな部屋であればモノを探す時間がありません。

よって、色々なことに割く時間が増えます。

 

結論、部屋をキレイにして換気効率を上げて、発想を変える。

いかがでしたか?

当記事では、片付けやすい部屋作りについて説明しました。

実際に、「気分がよい、モノを探す時間がなくなる、発想が変わる」と効果を感じました。

ぜひ、うつで病んでいる方や現状を変えたい人は部屋の掃除や片付けをしてみてはいかがでしょうか。

片付けやすい部屋作りをしてみてください。

次回からの片付けや掃除の時間が減りますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です