慢性前立腺炎完治への方策と誓い。

こんな人に読んでほしい
  • 慢性前立腺炎に悩んでいる方。
  • 私と一緒に慢性前立腺炎と戦って頂ける方。
  • デスクワークが多い方。

どーも体質改善ブロガーのヒロです。

私は学生時代の無理が祟り、自律神経失調症とうつ、慢性前立腺炎になりました。

当ブログではその対策を記事にして紹介しています。

自律神経失調症とうつは完治しました。イエーイ(^^)/

自律神経失調症とうつの完治まとめ記事は、初5000字記事になりましたね!

書いていて非常にたのしく満足のいく記事でした。

残る慢性前立腺炎も完治記事を書きたいですね。

今回は、その慢性前立腺炎の改善に向けた方策と誓いです。

 

慢性前立腺炎改善に向けた10個の方策

慢性前立腺炎との戦いに向けた10個の方策です。多いな(笑)

下記を考えています。

慢性前立腺炎との戦い方策一覧
  1. 水分補給はアルカリイオン水
  2. 朝食は果物
  3. なるべくグルテンフリー
  4. 1日1杯の青汁
  5. 1日1杯のザクロジュース+豆乳
  6. ジャックフルーツのドライフルーツ
  7. 多くの野菜食べる。
  8. 帰宅後はスロージョギング・柔軟・筋トレ
  9. 7時間以上の睡眠
  10. 会社の全社的な飲み会以外は避ける

とりあえず1か月続けます。

そして毎月ブログで進捗を報告しますね。

方策は減るかもしれませんし、増えるかもしれません。

症状が無くなったときに行ったことが完治した方策になりますね。

それぞれみていきます。

 

水分補給はアルカリイオン水

水分補給はアルカリイオン水にします。

飲み会や外食、ストレスで体は酸性になりがちです。

少しでもアルカリ性の飲み水をとって中性に近づけたいと思っています。

ちなみに健康な人に体液は、弱アルカリ性らしいですね。

 

朝食は果物

朝食は果物にします。

時間があれば味噌汁も飲むかもしれませんね。

果物は、人間の体に消化や排出をうながします。

また午前中は、人間は排出する時間だそうです。

よって、朝食に果物を食べることは非常に理にかなっていますね。

↑この本を読んでさらに朝食は果物がよいことがわかりました。

その他、食事法が載っています。

このオーガニックショップの店員さんに聞いた話ですが、この食事法でリウマチが治った人がいるそう。

私の父も高血圧の改善と尿たんぱくは完治しました。

母は痩せましたね。

消化効率がよく解毒しやすい食事法が載っています。

 

なるべくグルテンフリー

なるべくグルテンフリーを目指します!!

理由は、過去にグルテンフリーにして自律神経失調症の症状が緩和されたためです。

今後も予防のためにも継続しようと思っています。

グルテンフリーと慢性前立腺炎も関係があるかもしれませんね。

ただ厳格なグルテンフリーは無理だと思います。

あまりこだわりすぎるとストレスなので「なるべくグルテンフリー」にしました!!

 

1日1杯の青汁

ネット情報ですが、青汁は慢性前立腺炎によいとされています。

ただ、青汁はアフィリエイト商材でも有名です。

販売しやすく収入目当てのネット記事の可能性もあります。

真偽は何ともいえないところです。

しかし、食物繊維やミネラルの摂取は健康に必要なので飲もうと思います。

私が飲んでいるのは、ベジパワープラスです。

 

1日1杯のザクロジュース

ザクロジュースは、まだ一度もトライしたことがありません。

オーガニックショップに行くと「前立腺ならこれ」と紹介されました。

前立腺肥大の人にオススメのようですね。

カルピスのように埋めて飲む濃縮タイプを検討しています。

豆乳で割って飲みたいですね。

豆乳も前立腺によい飲み物といわれます。

 

ジャックフルーツのドライフルーツ

ジャックフルーツのドライフルーツには、亜鉛とセレンを多く含みます。

亜鉛もセレンも前立腺によい栄養素です。

また亜鉛は自律神経失調症やうつにも効果あります。

市販の食材は「味と価格競争」にさらされていますね。

その結果、亜鉛などミネラル分は精製され摂ることが困難な栄養素になりました。

再発と予防も含めて亜鉛を含む食材は食べたいと思っています。

 

多種類で多量の野菜を食べる。

青汁と対策が被りますが、多種類の野菜をたくさん食べたいと思います。

ビタミン類とミネラル類を摂ることに専念しますね!

流行りのベジフロスなど取り入れて栄養価を積極的に摂取して結果だします。

 

 

帰宅後は筋トレとスロージョギングと柔軟、筋トレ

座りすぎが、慢性前立腺炎の原因の1つです。

帰宅後は運動に全てをささげようと思っています。

ブログは、出社前と休日のみです。

帰宅後にPCをしないことで睡眠もスムーズになります。

電子機器が原因で目と脳を冴えることがわかりました。

しばらく夜にPCや長時間のスマホは控えようと思っています。

 

睡眠時間は最低7時間以上

慢性前立腺炎の原因の1つに睡眠時間があります。

大学時代は睡眠時間が足りませんでした。

最低でも7時間は睡眠をとりましょう。

寝る時間は、22~2時の間は寝るようにします。

22~2時の間に心身が回復するそうです。

その間に睡眠をとることで疲労回復になります。

 

 

10、会社の全社的な飲み会以外は避ける

アルコールは慢性前立腺炎を悪化させます。

本当はアルコールを飲まない方がよいです。

しかし、全く飲まないのはしんどいですね(笑)

会社の全社的な飲み会でお酒を飲もうと思います。

 

 

慢性前立腺炎の改善状況を毎月報告します。

毎月改善状況を報告します。

その理由は、方策が減ったり増えたりするためです。

オーガニックショップや医者、他の慢性前立腺炎と戦っている人とお会いして情報交換を予定しています。

情報交換すれば方策は変化するでしょう!

その変化もリアルタイムで更新し、完治までの軌跡にしたいですね。

西洋医学では、慢性前立腺炎は完治不可といわれています。

完治不可といわれるからこそ何とか完治する方法を見出したくなります。

そしてgoogleの「健康アップデート」に逆らえるブログにしたいと思います(笑)

健康アップデートについて不明な方は調べてみてください。

 

 

怪しい民間療法にも挑戦します。

民間療法にも挑戦します。

下記予定する民間療法です。

  • 光線治療(なんか光を浴びるらしいです。)
  • よもぎ蒸し
  • びわの葉療法
  • 鍼灸

鍼灸はあやしくないですね(笑)

光線治療が一番気になります。

年内にすべて行いたいと考えています。

 

西洋医学と東洋医学のW受診で完治目指します。

西洋医学と東洋医学をW受診します。

以前の自律神経失調症とうつの改善はこのW受診で完治し結果を残しました。

慢性前立腺炎もこのW受診で完治を目指します。

 

 

まとめ

慢性前立腺炎との戦いがはじまりました。

「自律神経失調症とうつ」を2年程で完治した自信からか非常に楽しんでいますね(笑)

このままの勢いで完治を目指します。

今後は、毎月進捗報告をして経過観察です。

慢性前立腺炎は、治らずに苦しんでいる人が多いと聞きます。

絶対に役にたつブログになることでしょう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です